2010年09月21日

9月17日の日銀発表でも、政府の借金は1千兆円超

 日銀が9月17日に発表した、資金循環統計(2010年第2四半期)に
よれば、6月末時点での国と地方を合わせた政府の債務残高(借金残高)は、
1035兆2060億円です。
 21年度の税収が約39兆円ですから、政府の債務残高は約26年分の税収に
相当します。日本のGDP(国内総生産)は500兆円ちょっとですから、
GDPの2倍の借金を背負っています。


 このままズーッと国債発行による借金を増やし続ける事は不可能であり、
予算すら、まともに策定できなくなる国家破産状態・大インフレが近づいて
いるのでしょう!

 菅政権や自民党、学者やマスコミは、財政再建団体となった夕張市のような
根本的な取組み(公務員費用の半減、不急の公共工事凍結など)を提案することも
なく、消費税率のアップ位でお茶を濁そうとしていますが、現在の消費税による
収入約10兆円を倍増させた位では財政再建は出来ない事は明らかです
(しかも菅政権は法人税減税を主張しており、消費税アップ分は、法人税減税で
ほぼ相殺されます)。
 ーーーーーーーーーーーーーー
 私たち庶民も、いざの時の悲惨さを軽減するために何か対策が必要ですが、
一つの方法として資産の一部を海外銀行の現地口座に疎開させる事が有ります。

 海外の銀行口座の開設が必要ですが、しだいに規制が強くなって来ており、
資産の一部を海外現地口座に疎開させられるのは、今の内だけかも知れません。
ーーーーーーーーーーーーーー
 日本の危機的状況や海外口座開設・一部資産疎開の必要性等については、
私めのサイト緊急!海外口座開設 を参考として下さい。
 さらに、10年ちょっと前のロシアの大インフレなど、戦後に発生した多数の国の
大インフレについて、私めのサイト戦後の国内外インフレ」も参考として下さい。
 ーーーーーーーーーーーーーー
 海外口座開設は、利息等に現地の税金がかからないタックスフリーでもっとも
近くに在る香港がお勧めです。
 HSBC香港の口座開設は、サポート業者に約4万円を支払って詳しいマニュアルを
購入し、その業者による電話やメールによるサポートを受けながら、郵送で開設できます。
  HSBC口座開設+海外投資マニュアル

 時間の余裕の有る方は、現地へ出向いて、サポートを受けながら、確実に口座開設を
行うこともできます(旅費を含めて10数万円)。
 オフショア投資&HSBC香港 口座開設ツアー
posted by こうさか at 15:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

国家破綻・大インフレの可能性高まる

 自民党55年体制において、先進国内で最も高い予算比率の膨大な公共工事を続けて、GDPの2倍以上の借金をしてしまいました。

 昨年の衆議院選挙で民主党に政権交代し、過去の負の流れが転換されることを期待しましたが、管政権となって参議院選挙公約の消費税増税・法人税減税を聞いて、少し心配となって来ました。

 日本国は、65年前には、戦争前・戦中を通じて、軍備拡大のためGDPの2倍の借金をしてしまい、敗戦後に、日銀の紙幣増刷によって予算編成と銀行の不良債券の買取を行ったため数十倍のインフレとなり、国民資産が殆ど壊滅しました(借金の付け替えと呼ばれる)。

 現在のGDPの2倍以上の借金も、通常の予算編成では、とても返済できる借金額では有りません(消費税を10%に上げたくらいでは到底、返済不可能です)。
 本気で、財政赤字削減に取り組むには、再建団体となった夕張市のように公務員費用の半減や不要不急の工事の凍結が必要です。

 日本国の大インフレがますます近づいていると思われます。何らかの備えをしましょう!
 65年前の敗戦後の、物価が数十倍以上となった大インフレや、1900年代のロシアの20万倍以上となった大インフレは悲惨でした。海外預金や金現物等を持った一部の人達は救われています。

 国内に在る内外銀行の外国通貨預金や預け入れた金などは、大きなインフレが始まり、預金封鎖されますと、国内の通常預金や株式と同様な扱いとなると思われますので、対策にはなっていません。内外の大インフレの例では、預金封鎖で幅広く規制され、生活費位しか引き下ろせなりますので、それが始まってからでは何の手立ても打てません。 

 既に、お金持ちや政府高官の9割以上は、海外銀行の現地口座を開設して、有利な資産運用を行うとともに、国家破産・インフレに備えての資産保全を行っています。私たち庶民も、同様に、資産の一部を疎開させる事が望まれますけれども、海外口座開設を、自己で行うのはなかなか難しいので、私のサイト緊急!海外口座開設 も参考として、信頼出来る海外口座開設サポート業者に早急に頼むなりの対策に早急に取組んで下さいませ。
posted by こうさか at 10:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

海外現地口座へ預金できるのは、今の内だけかも

 近い将来に起きる可能性の高い大インフレに備えて下さい。

 それに備えるには、金現物を持つのも1方法でしょうし、海外に現地口座を持って資産の一部を疎開させておく方法等も有ります。

 既に、金現物については、昨年から2百万円を超える物については、本人確認のうえ、購入の事実が政府に届けられます。
 金現物については、1990年代のロシアの国家破綻では、貸金庫の中の現金や貴金属まで全て没収されました。従って、政府に届けられない金額のものを多数、保有する方法が望まれます。

 一方、海外送金についても、数年前から2百万円を超えるものについては、やはり政府に届けられるようになっています。 
 大きなインフレが始まりますと、過去の例では、間髪を入れず、預金封鎖
(生活費位しか引き下ろせなくなる)されます。海外の現地預金についても、政府に把握されてしまった預金は、同じ扱いを受ける可能性が有りますので、
2百万円を超えない範囲で送金を繰り返す方法が考えられます。
 
 参議院選挙直前に、決して言いたくない消費税増税が議論されていますが、日本国の財政赤字がどうしようもないレベルに達している事や、予算編成が大きな借金増によらなければ困難となって来ており、既に相当にキナ臭い状態に有ると考えるべきでしょう。

 小泉政権時代が、財政赤字の縮減を行う最後のチャンスだったとよく言われます。しかしながら、それを手がけずに、国債発行を30兆円台に抑えると国民に説明しながら、実際には毎年60兆円を超える国債を発行しました(一般会計では30兆円台だったのですが、特別会計側で大盤振る舞いでした:どちらの会計の借金増でも国民負担は同じ事です)。インターネットで、財務省による1996年からの国債及び借入金並びに政府保証債務現在高 の変化をお確かめ下さい。

 消費税の増税を行う前に、財政再建団体となった夕張市のように、公務員費用の6割減や不急の建設工事の凍結等を行ってほしいですね(1980年代のニュージランドの財政再建では、公務員を1割にまで減らしました。残った1割の公務員が頑張って、国民へのサービスはかえって良くなったそうです)。 

 約60年前の戦争前・戦中を通じて、軍備拡大のためGDPの2倍の借金をしてしまい、現在は、主として公共工事のためにGDPの2倍の借金をしてしまいました。いずれの場合も通常の予算編成では、とても返済できる借金額ではなく、敗戦後は紙幣増刷によって予算編成と銀行の不良債券を全て買取りました。その結果、数十倍のインフレとなり、国民資産が壊滅しました(敗戦後も、官庁組織は温存されましたので、財務省は、いつか来た道を進んでいるだけで、借金は、敗戦後と同様に大インフレで解決出来ると思っているかも知れません)。

 既に、お金持ちや政府高官の9割以上は、海外銀行の現地口座を開設して、有利な資産運用を行うとともに、国家破産・インフレに備えての資産保全を行っていますので、私たち庶民も、同様な活動をする事が賢明であり、私のサイト緊急!海外口座開設 を参考として下さい。

 さらに、自己防衛にため、できれば副収入の道を開いておく事が望まれます。ネット副業を確立する場合、一攫千金のような話は皆無であり、インチキ商材に手を出さずに、ネット業界で高実績を持つ川島和正氏の、経験に基ずく真面目な教材を入手して、地道な努力を行って行くしか有りません。
 年収1000万円安定収入獲得プログラム 
posted by こうさか at 21:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

しだいにキナ臭くなって来た財政赤字

 ごく近い将来に起きる可能性の高まって来た大インフレに備えて下さい。
 金現物を持つのも一方法でしょうし、海外に現地口座を持って資産の一部を疎開させて
おく方法等も有ります。

 既に、金現物については、1昨年から2百万円を超える物については、本人確認のうえ、
購入の事実が政府に届けられます。
 一方、海外送金についても、数年前から2百万円を超えるものについては、やはり政府に
届けられました。
 
 大きなインフレが始まりますと、過去の例では、間髪を入れず、預金封鎖(生活費位しか引き
下ろせなくなる)されます。海外の現地預金についても、政府に把握されてしまった預金は、
同じ扱いを受ける可能性が有りますので、2百万円を超えない範囲で送金を繰り返す方法も
考えられます。
 また、金現物についても、ロシア等では貸金庫の中のものまで全て没収した例が有りますので、
政府に把握されない金額のものを多数、保有する方法が望まれます(2年位前までは、リュックに
現金を入れて持ち込み、偽名で買われる人が多数、居ました)。
 
 これまで政府からは殆ど言及されなかったのですが、新しい管政権の閣僚から、日本の
財政赤字がGDPの2倍で厳しい状況にあるとの話が出ており、テレビや新聞でも、日本の
大きな財政赤字について報道されるようになりました。
 
 約60年前の戦争前・戦中を通じて、軍備拡大のためGDPの2倍の借金をし、現在は、
主として公共工事のためにGDPの2倍の借金をしてしまいました。
 いずれの場合も通常の予算編成では、返済できる借金額では有りません(敗戦後は、紙幣を
増刷して、予算編成を行い、また銀行の不良債権を全て買取りましたので、短期間の内に
数十倍のインフレとなり、国民の預金・保険など国民資産はほぼ壊滅しました)。
 
 一方、今年になってから ユーロ/円の為替レートについて、EU内のギリシャの財政赤字問題から、
大きく下げており、それまでの130円台半ばから、最近では110円付近を上下しております。
 ギリシャの累積財政赤字はGDPの120%くらいですが、日本の累積財政赤字は、
世界に例すら見られないGDPの200%以上です。
 海外投資家から「ギリシャの次は日本では・・・・」という声も上がっています。

 アルゼンチン・ロシア等は、累積財政赤字のGDP比率が日本の半分以下で国家破綻・
大インフレとなっています。

 日本も、国債による借金増を、いつまでも進める事は不可能であり、 予算すらまともに
組めなくなる国家破産状態(デフォルト)・大インフレの足音 が近づいていると言えそうです。

 既に、お金持ちや政府高官の9割以上は、海外銀行の現地口座を開設して有利な資産運用を行う
とともに、国家破産・インフレに備えての資産保全を行っていますので、私たち庶民も、同様な
活動をする事が賢明であり、私のサイト「緊急!海外口座開設」 を参考として、真剣にお考え下さい。

 さらに、自己防衛にため、できれば副収入の道を開いておく事が望まれます。
ネット副業を確立する場合、一攫千金のような話は皆無であり、インチキ商材に手を出さずに、
高実績を持つ川島和正氏の、経験に基ずく真面目な教材を入手して、地道な努力を行って
いくしかなさそうです。
  「年収1000万円安定収入獲得プログラム」
posted by こうさか at 13:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

海外への資産保全は急ぐ必要が有りそうです

 インターネットを検索すると、海外口座開設をサポートする業者が激減しました。
また、シティバンク香港は、少し前まで郵送で口座開設できましたが、日本居住者の
開設そのものが難しくなりました。

 庶民のお金が海外に流出することを、必ずしも歓迎していない日本金融当局に圧力が
厳しくなったのかも知れません。
1998年から許可された、日本居住者による外国銀行の現地口座開も、そろそろ閉められる
かも知れません(外国勤務等で開いた口座や、日本居住者が既に開いている口座まで、
閉めさせることは出来ないと思います)。

 最近また、激しい円の独歩高となって居ます。
 今年に入り、ギリシャのソブリンリスク(国家への融資における国家の信用リスク)が
騒がれ、ユーロは133円位から125円位に下落していました。
 ユーロを守るため、EU諸国が大きな支援を行い、一段落していましたが、5月に入り、
ユーロは下落を続け、先週からは、さらに急落して下げのピークでは109円を切っています。

 米ドルも先週からは、94円台から90円台に下落し、資源国通貨と言われる豪州ドルは
87円台から74円台に、カナダドルも94円台から84円台に下落しています。
 
 海外投資家から「ギリシャの次は日本では・・・・」という声も上がっています。
ギリシャの累積財政赤字はGDPの120%くらいですが、日本の累積財政赤字は、
世界に例すら見られないGDPの200%以上です。

 国の借金について、国債発行による借金の他に、年金積立金や郵便貯金等を、
おそらく返済できない公共工事に使ってしまっています(戦前・戦中に作られた厚生年金制度は、
労働者から金をピンハネして軍備増強に使われ、結句、大インフレで殆ど返済されませんでした)。

 約60年前の戦争前・戦中を通じて、軍備拡大のためGDPの2倍の借金をしてしまい、
現在は、主として公共工事のためにGDPの2倍の借金をしてしまいました(壊滅的敗戦後も、
官庁組織は温存されましたので、財務省は、いつか来た道を進んでいるだけで、借金は、
敗戦後と同様に大インフレで解決出来ると思っているかも知れません)。

 既に、お金持ちや政府高官の9割以上は、海外銀行の現地口座を開設して、
有利な資産運用を行うとともに、国家破産・インフレに備えての資産保全を行っていますので、
私たち庶民も、少しの金額でも、同様な活動をする事が賢明であり、もし海外口座を
開かれる時は、私のサイト緊急!海外口座開設を参考として下さい。
posted by こうさか at 20:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

読売新聞一面に「日本国債の暴落のシナリオ」記事が!

 読売新聞の一面で「日本の針路」を連載し、4月29日には「日本国債の暴落のシナリオ」という
タイトルの記事が出るまでになりました。連載記事は、いずれも、日本国がこのままでは、
近い将来に財政破綻するという内容でした。

 勘ぐれば、自民党の広報ラインと財務省の一部官僚が連携した、民主党攻撃と消費税の
大幅増税PRとも読めますが、しかし国の財政状況は、4年前に財政破綻した夕張市より
厳しい状況にある事だけは間違いなさそうです(連載記事では、国民の年金積立金や
郵便預金・保険金や介護保険料等が一体どう扱われているか、運用で焦げ付いているのか
否か等の説明も一切無く、とにかく金が不足するという説明だけの、ひどい記事ではありますが)。

 約60年前の、戦争前・戦中を通じて、軍備拡大のためGDPの2倍の借金をしてしまい、
大インフレとして、国民資産の大幅目減りで解決されました。
 現在は、主として公共工事のために膨大な国債発行により、また年金積立金・郵便貯金等を
使うなどにより、GDPの2倍の借金をしてしまいました(壊滅的敗戦後、官庁組織は
温存されましたので、大蔵省は、いつか来た道を進んでいるだけで、借金は、敗戦後と同様に
大インフレで解決出来ると思っているかも知れません)。  

 日本も、破綻したアルゼンチンやロシア等と同様に、国債による借金増を、いつまでも
進める事は不可能であり、 予算すらまともに組めなくなる財政破産(デフォルト)・
大インフレの足音が近づいていると言えそうです。日本国の破綻が始まるきっかけとしては、
説明は省略しますが、金利相場が大幅上昇や大都市域での大地震等が有りそうです。

 皆様は、本当に心配ないと思っていますか?単に考えていないだけではありませんか?
そろそろ財政破綻の最終章に有る可能性が有ります。

 少しでも貯蓄が有るならば、今の内に、何かの手立てを打つ必要が有りそうです。
1つの対策としては、海外銀行の現地口座を開設して、有利な資産運用を行うとともに、
財政破綻・インフレに備えての資産保全を行う事です。私のサイト緊急!海外口座開設
参考として下さい。

 インターネットで海外口座の開設をサポートする業者が激減しました(金融庁の圧力かも?)。
1998年から許可された、日本居住者による外国銀行の現地口座開設も、そろそろ閉められるかも
知れません(外国勤務等で開いた口座や、日本居住者がこれまでに開設した口座まで、
閉めさせることは出来ないと思います)。
posted by こうさか at 22:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

国家破綻・インフレについて、そろそろ本気の対応が必要

 自民党麻生政権時代から、国債の発行が難しくなると言う声が出ていますが、
膨大な赤字を抱え、毎年の予算も、かなりの比率の新規国債による借金で編成されて来ており、国債発行が出来なくなれば、過去の膨大な国債償還や予算編成が困難となり、まさに国家破綻状態となります。

 ここ1年間で、ちらほら新たな国債発行が難しくなるという新聞記事が出ており、4月19日、「大阪都構想」の実現を掲げる地域政党「大阪維新の会」の発足式でも、代表の橋下徹府知事は「日本丸は、もう沈んでいる」とまで言い切っています。

 また、週刊朝日の最新号でも、「ニッポン〈破綻〉直前。家計の守り方。資産は海外に逃がせ!」というトップ記事まで出るようになりました。

 世界に例のない膨大な累積財政赤字からの、国家破綻及びそれに伴う大きなインフレについて、本気で覚悟し、可能な手立てを打って置く時期に来ていると思われます。

 財務省発表の、2009年12月末の国債及び借入金並びに政府保証債務現在高は約918兆円で、これに地方自治体の借金約200兆円を加えると、
1100兆円を超えています。

 日本国が大インフレとなれば、他の国でも、同様に大インフレとなり、どこの国に資産を置いても同じ事と思われる方も居られるかも知れませんが、そんな事は有りません。1990年代に、ロシアが3年間で30万倍のインフレを起しましたが、他の国には殆ど影響が有りませんでした。

 大きなインフレが始まりますと、過去の例では、間髪を入れず、預金封鎖(生活費位しか引き下ろせなくなる)されますので、それが始まってからでは、何の手立ても打てません。今の内に、自己防衛策を行っておくことが望まれます。

 1つは、お金持ちや政府高官の9割以上が実施済みと言われる、海外銀行の現地口座開設による、国家破産・インフレに備えての資産保全です。私たち庶民も、同様な活動をする事が賢明であり、私のサイト緊急!海外口座開設 を参考として下さい。

 今ならば、「海外にはいけない、英語が苦手という方」も、パスポートと運転免許のコピー、 簡単な書類の記入を日本語で行うだけで口座開設開設が、郵送により可能です(非常に開設が難しい時期も有りましたが)。
 シティバンク香港の口座開設を望まれる方は、約4年前に私もサポートを依頼した、A女史に以下から申し込んで下さい。 
 シティバンク香港口座開設サポート 

 なお 海外の現地口座とは、インターネットで、預金の残高照会、入出金照会、口座振り込み、外貨交換及び 定期預金等のすべての取引がで可能であり、英語での取引が苦手という人でも、以下に示す日本語マニュアルで簡単にできます。
シティバンク香港のインターネットバンキングマニュアル(英語力不要!)」
もう1つの手立ては、出来れば、ネット副業を確立する事であり、この場合、一攫千金のような話は皆無であり、インチキ商材に手を出さずに、ネット業界で高実績を持つ川島和正氏の、経験に基づく真面目な教材を入手して、地道な努力を行って行くしか有りません。
 毎週3〜7時間ある事を行うだけで年収1000万円以上になれる、親戚にも言えるほどクリーンな稼ぎ方 〜1000MANプログラム〜 
posted by こうさか at 15:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

日本の膨大な財政赤字体質は、いつまでも破綻しないか?

 財務省発表の、2009年12月末の国債及び借入金並びに政府保証債務現在高は約918兆円で、これに地方自治体の借金約200兆円を加えると、
1100兆円を超えています。

 2001年6月からの小泉政権発足時には、国債及び借入金が約540兆円で、財政赤字体質を転換する最後のチャンスだったと言われています。
しかし、実際には、小泉政権は、言葉だけは30兆円に国債発行を抑えると言いつつ、毎年60兆円を超える国債を発行して、政権が終わる2006年9月までに、300兆円以上の借金を増やしました。

 その結果、GDPの2倍をはるかに超える、世界に例にない財政赤字国家となっています。

 国債発行による借金増を、いつまでも進める事は不可能であり、 予算すらまともに組めなくなる国家破産状態・大インフレの足音 が近づいています。 このような場合、日本を含む過去の例では、数十倍以上のハイパーインフレとなり、実質的に財政赤字を1/数10以下として、解決されて来ました。

最近の新聞紙上で、今後の国債発行や日本の金融機関による買取りが難しくなるとの記事が出始めました。まさに、赤信号に変わる前の黄色の点滅信号と言える状態と思われます!!

 日本国が大インフレとなれば、他の国でも、同様に大インフレとなり、どこの国に資産を置いても同じ事と思われる方も居られるかも知れませんが、そんな事は有りません。1990年代に、ロシアが3年間で30万倍のインフレを起しましたが、他の国には殆ど影響が有りませんでした。

 大きなインフレが始まりますと、過去の例では、間髪を入れず、預金封鎖(生活費位しか引き下ろせなくなる)されますので、それが始まってからでは、何の手立ても打てません。今の内に、自己防衛策を行っておくことが望まれます。

 1つは、お金持ちや政府高官の9割以上が実施済みと言われる、海外銀行の現地口座開設による、国家破産・インフレに備えての資産保全です。私たち庶民も、同様な活動をする事が賢明であり、私のサイト緊急!海外口座開設を参考として下さい。

もう1つは、出来れば、ネット副業を確立する事であり、この場合、一攫千金のような話は皆無であり、インチキ商材に手を出さずに、ネット業界で高実績を持つ川島和正氏の、経験に基づく真面目な教材を入手して、地道な努力を行って行くしか有りません。
 毎週3〜7時間ある事を行うだけで年収1000万円以上になれる、親戚にも言えるほどクリーンな稼ぎ方 〜1000MANプログラム〜 
posted by こうさか at 15:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。